趣味でゲーマーをやってるものだ

趣味でゲーマーをやってます。

EVOJAPAN2020サイドイベントを何で自分がまとめていたかの話。

1週間経ちましたが、EVOJAPAN2020、参加者または関係者の方々、お疲れ様でした。
2日間しか参加できませんでしたが、楽しかったです。

さて、EVOJAPAN2020が始まる前にこんなツイートを見かけたことがありますでしょうか。
https://twitter.com/Shower_1508/status/1219818952219484160
そうです。犯人は私です

大会が終わったので、
「なぜ私なんかがサイドイベントまとめを勝手にやっていたのか?」
という事を書きたいと思います。

1.全てのはじまりは「知り合いの不満」

まとめ始めたきっかけはサイドイベントの情報が周りから出始めた頃、知り合いがTwitter
「誰かまとめてくれ〜。」
と書かれたのが目に入ったんです。

各サイドイベントの情報が出始めた日は自分がたまたま休みだったので、自分でまとめを作成する事に。
本来なら運営がまとめを作成して公表するモノとわかっていたのですが、
1.サイドイベントの主催者が自ら公表しているのだから裏は確実に取れる。
2.各参加者の都合の調整に時間が必要だからなるべく情報を小出しでもいいから早めに出した方がいい。
3.運営が必ずしもまとめを作成すべきというわけではない。
以上から、なるべく早めに情報を出して、何か言われた場合には引けばいいという考えで始めました。要約すれば「仕事が大変そうだから、私が良かれと思ってやった。」です。

最初はGoogleスプレッドシート(Excelみたいなもの)で作成。
しかし後にExcelに切り替えました。使い慣れてるので。あとはブログとかの経験でカバー。

そしてまとめが出来た後、情報を流してみると、1人でやってんだからそりゃ抜けはある。人間だもの。
流し始めて1ヶ月の間、まず嫌味を言われる。外人のリプライに巻き込まれる、不確定な情報に振り回されるなどネガティブなこともあれば、ポジティブなこともありました。

「運営が動いたらやめよう。」、「(格ゲー勢では)有名な人が出てきたからそろそろ終わりかな?」とよく思ってましたが、なんだかんだで直前までやり通しました。
最終的に公式からサイドイベント情報が出たのは開催日の2日前でしたが。

2.なんでサイドイベント注力?

そもそもサイドイベントに何で注力したのかと言われれば、幕張メッセで行われることもあり、メイン種目だけでどれだけ人が来るのだろうか?という疑問点がありました。
そしてやっぱり今大会は色んな人に「サイドにも価値がある」ということを知ってもらいたいなという思いもありました。

「今大会の種目で一番多いのはスマブラSP。3000人越え。3000人越えのうち、スマブラが終わったら直帰する人間は何人いるのか。そもそもスマブラ勢からすれば、幕張メッセが公衆便所になりかねないのでは…。」とか色々考えました。

で、考えた結果、「スマブラ勢は負けたら直帰になるのはかわいそうだな。他にも参加できるものはたくさんあるよ。というのがわかれば。」と最初の頃はターゲットをスマブラ勢とインバウンドで考えてました。

しかしサイドイベントの種目が予測できないような状態になった時、旧劇とVGMGが何かしらイベントされる情報を掴んだので、「このネタを一般の人に通じれば…人が来るのでは…?」と思いながら、言葉を選んで発信。
そしたら、バーチャロンオラトリオタングラムで反応があり、また後に情報で出したボンバーマンで反応があった。
以上のことから、サイドで実施していた意外なタイトルで反応があったので、最終的には一般の人でもわかりやすい文章に変えた。マリオやボンバーマンぷよぷよで。

さらにバーチャ5FSの優勝商品の米30kgが出てきた。これは一般の人にもウケる。

以上のように開催当日になるまでに色々考えて、情報を流してました。それがどういう結果が招いたかは自分ではわかりませんが。

ただインフルエンサー狙いは本気で難しい。

3.犯人は現場に現れる。

この前の記事に書いたように1日目と2日目は、私は幕張メッセの会場内にいました。
そこでサイドイベントの各主催者の方々には挨拶だけでもしておこうというのは行く前から決めていました。

挨拶しようとしても、設営や運営で忙しい人がたくさんいました。
でも何人かには挨拶が出来て、「ご迷惑をおかけしました。」ということは伝えました。

意外な反応があって「あのリストがあったからよかった。」「あのリストを他の人に見せてあげた。」という言葉があったのはやってよかったのかなと思いました。
中には説教も受けたこともありました(笑)

4.自分はサポートする側の人間だと気づいた今回の1件。

今回、自分が行ったことは本来は運営がするお仕事です。それを良かれと思って勝手に私がやっただけのことです。
というかまとめるのであれば、誰でもできる仕事です。そんなに時間がかかるようなレベルの話ではありません。1時間あれば出来ます。

反省点は初動時に情報元(ソース)を提示してなかったのが悪かったかなと。あとよく読んでないところもありました。

大会を終えて、自分が気になってるのは、このまとめを作成していなかったら、どういう結果になっていたかです。これは自分でも想像がつきません。
自分が情報を流している間に色んなイベントのトーナメントや参加者の情報の推移とかも実は調べてましたが、「流したから人が来た。」という結論には至りませんでした。ほんとどうなんでしょうね。

来年もEVOJAPANをやるのか知りませんが、本家のサイドイベントAnimEVOみたいな告知の仕方が理想的です。アレはどうやってやってるんだろうかと気になります。
日本でまたやるのであれば、今年の規模からすれば、サイドイベント主体の実行委員会は必要になってくるのではないかと。
来年も私が手伝えることがあれば手伝いたいとは思います。

また今回の1件で自分はやっぱりサポートする側の人間だなと気づきました。
何かの手伝いをするというのは自分の性に合っている気がします。

そして今後、何度も書いていますが、協力できるコミュニティには自分から協力していきます。特にお世話になっているところは特にです。
しかし地元については正直あんまり関わりたくはないです。自分の仕事や生活に大きく影響が出る為。

最後となりましたが、やってよかった。いい経験になりました。ご協力して頂いた方々ありがとうございました。
来年もまた何かの形でご協力していきたいと思います。

そして本当にすみませんでした。

とある岡山県民のEVOJAPAN2020 2日目

EVOJAPAN2020 2日目(1月25日)。

1.会場に辿り着くまでが0回戦です。大事なことなので2回(ry

昨日が給料日だったことも忘れてた2日目。
メイン種目は敗退したけども、サイド種目の燃えろ!ジャスティス学園!に出場するため、朝の早くから移動。
この日、ワールドホビーフェアやシャドウバースの大会も同時開催のため、早めに。

会場に辿り着いて、クロークにスーツケースを預けて、サイド種目のところへ…。
と思ったけども、BYOCのフランス領へ行きました。


また最近話題のパワーレンジャーを触ってました。確かにBBTAGとMVCIが混ざったようなゲームでした。

それにしても2日目のBYOCエリアは広々としてて良かった。

この日もサイドイベントの主催者の方々へ挨拶しに、あすか120%のみやざき1207さんへ挨拶できたのは良かった。色々お世話になりましたので。

2.燃えジャス大会

指定場所に行って、燃えジャス勢に挨拶をして、エントリーは済ませる。
で、モニターを見ていると、行く前から懸念していた点の一つ「フルHDっぽいアスペクト比(写真の通り)」になっており、隙を見て、モニタを弄ったら、アーケード版と同じように4:3のアスペクト比に出来た。
しかし配信台はコンポジット変換機の関係で出来ず。

で、大会はというと、1回戦で終わりました。

 
敗因はもう少し慎重に戦えば良かったかと。気合弾が刺さってたので、もう少し考えて戦えればと、こちらも悔いが残る結果でした。

3.2日連続会場内をうろうろ

敗退すれば、会場内の浮浪者になる…。2日連続。
燃えジャスは1試合が異常に長いので、決勝あたりまでには戻ってこようかと。
ほぼ会場内歩きまわってるので、BYOCで新しい発見をしようかと。

BYOCエリアでキャサリンのTシャツを着ている人がキャサリンをしていて、話しかけたら、キャサリンフルボディのサイドイベント主催のmekasueさんでした。
mekasueさんといえば、コミュニティ作成に関するブログの記事が有名な方です。(引用したら怒られるそうなので止めておきます。はてなブログは通知飛ぶので。)
そこで色々と話をしてて、mekasueさんに色々ありがたい言葉を頂きました。
考えさせられるような話をされていたので、正解がないことを考えるレベルの話です。

そんなことがあって、燃えジャスのところに戻って、記念撮影には参加して大会は終わりました。

それからすることがついに無くなって、帰る前にキャリバーの決勝を見てました。
キャリバーの決勝までの試合は良かったです。決勝はまぁ…。

4.EVOJAPAN2020終了。そして次へ。

そんな感じで私のEVOJAPAN2020は終わりました。
喜怒哀楽があった今大会だったかなーというのが感想です。楽しかったです。

前回の福岡と比べたら、今年はどうだったのかというと。
■よかった点
1.サイドイベントのステージがあった事。メインだけが主役ではなかった。
2.サイドイベントがメイン種目の方々が目に入る位置にあった事。
3.コマンドセンターがあったこと。

■悪かった点
1.メイン種目のトーナメントが紙で運用してる為、試合が動いてるのかがわからず。
2.メイン種目のステージ・予選への通路が一つ。スマブラ勢が封鎖する事がしばしば有。
3.トイレが困った。エナジードリンクで大変なことに。

またアンケート取ると思われるので、その時はまた違うことを書いておこうかと。

そして、これからどうしていくかーと言えば、自分が協力しようと思えるコミュニティには協力をしていきます。いつも通りです。
地元のコミュニティも色々動きがありますが、私が融通利かない生活環境下にいることもあり、関わると、公の面で「ゲーム依存」と言われかねないぐらい生活や仕事に影響が出るので、慎重に検討させていただきます。

個人としてはサムスピやりつつ、GBVSやっていこうかと。サムスピはまだこれから大一番があるんで。

という訳で、EVOJAPAN携わった方、参加した方々お疲れさまでした。
また来年会えたら会いましょう。

とある岡山県民のEVOJAPAN2020 1日目

突発的に更新されるこのブログ。記録としてに残しておこうかと。

EVOJAPAN2020

の話を。
色んな人がそれぞれの視点で書いてますが、私での視点のレポートとして書いてみます。まず1日目の話。

1.会場着で0回戦突破。

本家のEVOやEVOJはまず申込みしてから会場に辿り着くまでが0回戦です。そこはなんとかうまく行きました。
しかし失敗したなと思ったのは。ホテルを浅草橋に取っていたという点です。幕張メッセまで1時間かかることは頭になかったです。反省。

当日、正午から試合なのですが、早起き過ぎたので会場へ。


幕張メッセ海浜幕張駅から結構歩く。両国駅から両国国技館より長い。※個人の感想です。

会場にたどり着いたので、まず0回戦突破です。

2.会場内をうろうろ

会場についても試合開始まで3時間ある。
まず新しいギルティギアの「ギルティギアストライヴ」の試遊。

並んでても暇だったので、後ろに並んでた人に話しかけたら、今大会のサイドの堕落天使の運営をしているうにかさんと知り合う。
どこかで聞いた名前だなーと思ったら、ミカドの生放送で名前を何度も聞いてて「恋姫勢の人か!」と数時間後に気づいた。(ごめんなさい)
ギルティギアストライヴに関しては、「とりあえず動かせるようになった」ところを見ただけなので、完成してからだなーと。初期のストリートファイター5みたいにならんことを祈る。

試遊が済んだ後、ぐるりと回って、SNKブースにどこかのミカドで見た侍勢が斬サムをデバックテストのようにやっていたのは気のせいでしょう…。

その後、BYOCエリアでブレイカーズリベンジとフライングパワーディスクのフランス領へ。
開催前からツイッター上で何回かやりとりしてた河上小鉄さんとまはふらい先生に挨拶をした。
またフライングパワーディスクのテクを少し教えてもらった。長押しという手があったとは。

またBYOCエリアではNARUTOのゲーム、ナルティメットストームを広めようとしているハンガリー人の人にも色々教わりました。

3.メイン種目で試合。サイド種目でも試合。

正午前にサムスピの予選がある指定場所へ到達。行くまでが四苦八苦だった。
まずそのエリアの入り口が人込みで封鎖状態。そして予選台のところはとにかく狭い。満員電車か。

自分の予選台のところの隣は右京のコスプレで有名なプロゲーマーのK2さんがいたので、少し話をしてました。
「岡山…岡山のサムスピのプレイヤーって誰かいましたっけ?」
ですよねー。というそんな会話してました。

そして試合。第1回戦目。くらまさんと戦ったわけですが、ストレート負けでした。
夜叉丸戦は岡山のジスタの大会で1回経験はあるけども、全然参考にならんかったし、掴みに頼りすぎたのがあかんかったなぁと。
そしてその後、不戦勝が相次ぎ、ルーザーズに落ちたくらまさんにまたストレート負けするという…メイン種目はこれで終わりました。

メイン種目で負けたの昼飯。


2階は高かったけど、それなりのモノは食べれたので、良しとする。
後にキッチンカーが来ているところがあったことを知る。

メイン種目が終わってしまい、会場内をさまよっているとフランス領で「堕落天使の地下鉄で行くトランペット演奏会出てみないか?」と誘われたので飛び入り参加。(リンク先で見ることをお勧めします。)


出場した「地下鉄で行くトランペット演奏会」では3位決定戦で負けて4位でした。
なんでこうなったか…は言葉で説明できん。
この大会に参加して、運営のおどポンさんやアジさんや、うにかさんにはお世話になりました。会場内で浮浪者になっていた私を迎えていただきありがとうございました。

堕落天使の大会中にスカジャンを着ている人がいたので、「小澤さん?」と話しかけてみたら、ソウルキャリバー6の開発プロデューサーの小澤さんでした。一番びっくりしたのは武力勢Tシャツを着ていたことです。びっくりした。

その後、久々に再会したれどべるさんとゴールデンボンバー歌広場さんの野試合を見に行ったり、斬サム勢のさりぴさんとサムスピを対戦したりといろいろありました。

またサイドイベントのまとめを自分で作っていたのもあったので、ドラゴンボールゼノバース2の運営のまつりさんとかにあいさつ回りもしてました。挨拶が出来なかった人もたくさんいました。色々ご迷惑をかけたからあいさつ回りをきちんとしたかったなぁ・・・。

4.1日目を終えて…

19時ぐらいには会場から撤退しました。メイン種目敗退で今大会は終わりましたが、声をかけてくれた人たちがいたので、楽しめたのはその人たちのおかげだなーと思いました。本当にありがとうございました。

(2日目へと続く。)

DFU状態のXBOX ONEコントローラーを復活させる方法

【やり方 】
前提:XBOX ONEのコントローラーは持ってるが、本体は持ってない。
   またデバイス上では「Controller Updater」、デバイスマネージャーでは「Xbox One Controller DFU」と表示。
1.Windows10の古いバージョンを用意する。※筆者はVer1607を使用
2.仮想マシンソフト(VirtualBoxなど)インストールして、用意したWindows10で仮想マシンを作る。
3.Windowsキーを押して、Microsoft Storeアプリを起動。Xboxアクセサリーをインストールする。そして起動する。
4.DFUモードになってるXBOX ONEコントローラーをパソコンに接続し、仮想マシンのWindows10に繋げる。
5.画面の指示に従い、XBOXボタンが点灯したら復活。

Assumption: I have an XBOX ONE controller, but I don't have a main unit.
Also, “Controller Updater” is displayed on the device and “Xbox One Controller DFU” is displayed on the device manager.
1. Prepare an older version of Windows 10. * The author uses Ver1607
2. Install virtual machine software (VirtualBox, etc.) and create a virtual machine with the prepared Windows 10.
3. Press the Windows key to launch the Microsoft Store app. Install Xbox accessories. Then start.
4). Connect the XBOX ONE controller in DFU mode to a PC and connect it to Windows 10 of the virtual machine.
5). Follow the instructions on the screen and come back when the XBOX button lights up.

続きを読む

今日から格ゲーを始める方々へ

はいどうも、グラブルvsクローズドβテスト落選組のユーダチです。
いいんだ…サムライスピリッツの体験版が配信されるので、それをじっくり。

割とどうでもいい前置きから

 グランブルーファンタジーヴァーサスとSAMURAI SPIRITSの2つの格ゲーが無料で少しだけ体験できるのが始まります。(グラブルに関しては当選者のみ体験可)

日本のeスポーツ種目で代表的な格闘ゲーム(元々格闘ゲームは日本発祥)が盛り上がればいいなぁと思ってんですけど、グラブルvsに関してのツイートを観てたら

はいでてくるよー。プリウス乗りの高齢者、引きこもり殺人野郎、虐待夫婦…etcと同じぐらいの頻度で話題に出てくる格闘ゲームの初心者問題
サムスピはオフライン専用だが、グラブルvsに関してはおそらく「初狩りされた!」という悲鳴が飛ぶのは確実だろう。想定内。

製品版が発売された後もこの問題はお時間がある親切なおっさん達の議題になると思うので、格闘ゲームをこれから始める人になんかアドバイスできないかなーと思いながらつらづらと書いてみます。
おっさんの戯言に少しお付き合いを。

上手くなるために「毎日コツコツと繰り返す」

さて、最近格闘ゲームをやっていて、「繰り返し」って大事だなーと思うことがが最近ありました。
私を知ってる人なら知ってると思いますが、今年の3月中旬ぐらいから真サムライスピリッツのCPU戦をほぼ毎日やってます。
それをしている理由はテレビに出ていたとある21歳の青年から「毎日コツコツと…」とヒントを頂きました。
そのヒントを元に格闘ゲームの練習方法を改めてみようかと。

最初の頃はCPUに初戦で負けたり、次の日にはラスボスで負けたりと毎日の結果がかなり不安定でした。
しかし1ヶ月近くなると、序盤で負けず、ラスボス近くまで安定するようになりました。その理由を考えてみると、

1.CPUの動きを覚えた。
2.特定の攻撃を当てたのを確認したあと、無意識に必殺技が出るようになった。
3.キャラやシステムをだいたい理解した。

要はこのゲームに体が慣れてきたのです。
情報処理技術者試験の午前問題の過去問題をひたすら繰り返し解いてたら、気がつけば問題みたら即答できると同じように…。

そんな1ヶ月たったある日、ゲーセンで真サムライスピリッツを遊んでたら、乱入されました。
乱入してきたた相手は明らかに自分のキャラより圧倒的に強いキャラで挑んできました。いわゆる被せです。
これは負けるなーと思ってましたが、勝てました。その後何回挑まれても勝ちました。
勝因は思った以上に体が動いた。

そんな経験を最近したので、毎日コツコツと繰り返しが大事だなーと思った次第です。
ゲーム以外でも同じことが言えますよね。仕事とか勉強とかね。

勝って奢るか負けて腐るかは自分自身

これから新しい格闘ゲームが出てくる中で、自分が大事にしたいのは毎日コツコツと繰り返すことかなと。
新しい格闘ゲームが出ると、そこからマラソンが始まるわけです。

新しい格闘ゲーム発売当初は初心者と同じようにネット対戦では自分でも勝てないと思います。
それでもやり続けて、自分が納得する結果が出るまでは喜んで泥まみれになりますよ。
勝って奢るか負けて腐るかは自分自身との戦いなんで。

若干自分自身のためにも書いた文章になりました。すみません。
ただこれから格闘ゲームを始める人に少しでも力になれれば幸いです。

最後にヒントを頂いたのは大相撲の平成最後兼令話最初の大関である貴景勝関がインタビューです。
「やり続けてよかった」的なことを言っていたのが心に響いて、今に至っています。ありがとうございます。
今場所は休場でしたが来場所応援してます。

紅蓮華

紅蓮華

  • LiSA
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

つけ麺専門 百の輔 秋葉原本店へ旅中に2回も行った話

つけ麺といえば、表町のいわ田が岡山の至高と言い続けて早10年のユーダチです。
最近はよく開いているみたいですが…今も普通にやってんだろうか。

さて、東京への旅中にこんな記事を目にしたのだった。

新宿から移転してきたつけ麺屋なんだが、びっくりしたのはオープン後あまりにも人気すぎて、営業時間が短縮したという話を聞いた。

なんで人気なんだろう…ってことで旅中の2日目に行ってみた。土日の11時過ぎだったので、そこそこ並んだ。


先に何がおいしいのか知らずに行ったので、つけ麺の基本的に


濃厚魚介豚骨つけ麺

食べてみたら、本当に美味しかった。
麺の量は大盛りにしていたけども最後まで飽きなかった。美味也。
こりゃ行くわーというのがこの日の感想。

それから2日後


東京を発つ前にもう1回行った。

この日は


エビとイカ墨つけ麺

こっちもうまかった。
ただ個人的には濃厚魚介豚骨派。

食べ終えたあとにつゆのハーフ&ハーフをできることを知った。
また今度にしよう。

うん。秋葉原で食べる選択肢が増えた。

サムライスピリッツ合同対戦会「池サム」に行ってみた話。

また唐突にブログを書き始めるユーダチです。
ここ最近、東京へまた行ってきたので色々書いてみようかと。

2019年5月17日
この日に東京へやってきた。
今回の旅は仕事の少し遅いGW休みを利用して「小学校から長い付き合いの友人に1年ぶりに会う」のが本来の目的だったんだけど、色々とあって、3泊4日と今回は長居することになった。(というか2泊3日で良かった気が…)

そんな初日が金曜日だったので池袋ゲーセンミカドで行われている毎週金曜日に行われているサムライスピリッツ天下一剣客伝(剣サム)を中心としたサムライスピリッツ合同対戦会「池サム」に参加することに。
サムライスピリッツといえば来月末に久々の新作が出ることで話題になってて、サムライスピリッツというゲームを知りたいというのもあれば、今の自分がどこまでやれるかというのも知りたかったというのもあったような…。

ということでやってきた池袋ゲーセンミカド。実はオープンしてから初めて。

そして2階へ。
行けば、この日は剣サムが3台稼働、ネオジオのセレクト台が2台で1台は斬サムの対戦で盛り上がっていた。
もう1台に関しては、初サムが動いてたり、真サムが動いていた。
来た以上は対戦しようと50円を筐体に入れた。

サムライスピリッツ(初サム)

初サムは大阪で色々と鍛えられたので、サムライスピリッツシリーズの中では一番まともに対戦できるはずと思っていたが、知らないことがまだ多かった。
特にシャルロットのジャンプ強斬りから逃げるのに大変だった。固められて投げられてはい終了。
かろうじて勝ったにしても、勝った気が全くしなかった。

②真サムライスピリッツ(真サム)


大阪から帰ってきてからほぼ休まずにやってきた真サム。初サムから引き続き、ナコルルを使っていたが、「やめとけ」と言われてた。でも岡山で10連勝したからなんとかなる!と若干自信はあった。

その結果…この日勝ったことは無かった。しかし色々試せれたので良しとする。

サムライスピリッツ天下一剣客伝(剣サム


地元でも元気に動いている剣サム。地元で少しずつやってた。だが、知らないことが多すぎる。
ただ真サムよりはまともに戦えたので満足。

④最後に

この日何戦したのかわからないほど、よく対戦したなーと。岡山の50倍は。
反省点としては、池サムの中心にいる方々にお土産と挨拶するのがとても遅くなったことです。本当にすみません。自分から話しかけなきゃやっぱだめや。

そんな反省点がありますが、参加してみてよかったと思います。勉強になりました。
来月からいよいよ新作が始まりますが、旧作もしっかりやっていきます。
こっちにはやらなきゃいけない理由があるからね…。

池サムは毎週金曜やっておりますので、興味があればどうぞ。